So-net無料ブログ作成

自白の裏付け不足を自己批判…足利事件で警察(読売新聞)

 足利事件の逮捕から釈放まで17年半。

 あまりにも長い歳月を、1人の男性から奪ったのは、DNA鑑定という「科学への過信」と、ずさんな裏付け捜査だった。先月26日に再審無罪が確定した菅家利和さん(63)の足利事件を巡り、1日公表された警察庁の捜査検証結果の報告書。「自白のみを求める姿勢で取り調べをしたことは誠に不適切」「供述のうち裏付けが取れたものはほとんどない」――。捜査に対する厳しい指摘に、当時の栃木県警の幹部たちは「厳粛に受け止めるしかない」などと言葉少なに語った。

 「あの時は、万全を期したつもりだったが、無実の菅家さんを長きにわたって拘束したことを重く受け止めないといけない」

 菅家さんが逮捕された1991年12月、栃木県警本部長として捜査の総指揮にあたった山本博一さん(69)は、警察庁が県警の捜査に厳しい結論を出したことについて「やはり捜査に抜け落ちた部分があったのだろう」と振り返った。

 東京高裁が実施したDNAの再鑑定で菅家さんが犯人でないことが確実になり、昨年6月、菅家さんが釈放された後、山本さんは、県警の当時の幹部らに「受け入れてほしい」という趣旨の手紙を送っている。手紙には、菅家さんに「心の中で謝罪しないといけない」という意味も込めていた。「『当時の状況では仕方なかった』と言ったら同じことを繰り返してしまう。事件から得た教訓を生かし、再発防止に努めてもらいたい」。今、山本さんが言えるのはこのことだけという。

 公表された警察庁の報告書は、厳しい指摘が並んだ。

 「菅家氏が犯人であろうという誤った先入観を持って、任意同行や取り調べに臨んだと考えられる」

 「取り調べは予断を排し、真実の発見を目標として行われるべきなのに、自白のみを求める姿勢だったことは誠に不適切だった」

 「捜査主任官の取り調べで自白を得たため、捜査会議でも他の捜査員がその信用性に疑問を呈することが難しくなった」

 これについて、県警の当時の刑事部長は「厳粛に受け止める」と静かに語った。報告書が、「1000人に1・2人」程度だったDNA鑑定の精度を過大評価したことが「虚偽自白に追い込んだ」とした点には、「そうですね」と小さく答え、「真犯人を見つけられなかったことが心残りだ」と唇をかんだ。別の元捜査幹部は「自白の裏付け捜査の中で、解明できない部分もいくつかあった」と、報告書で指摘された問題点を認め、「結果として間違ったことには変わりない。虚偽供述を見抜けなかったという一点に尽きる」と述べた後、「悔しい思いは消えない」とうつむきながら話した。

 一方、報告書について、菅家さんは、弁護団を通じ「まだ現物を手に入れていませんので、きちんと中身を読んでから、考えを述べたいと思います」というコメントを発表した。

 ◆足利事件…栃木県足利市の河川敷で1990年5月、当時4歳の女児の遺体が見つかり、県警は91年12月、女児のシャツの付着物のDNA鑑定などをもとに元保育園運転手の菅家利和さんを殺人容疑などで逮捕した。2000年7月、最高裁で無期懲役が確定したが、再審請求の過程でDNAを再鑑定した結果、別人のDNAと判明。東京高検は昨年6月に菅家さんを釈放し、宇都宮地裁の再審公判で、先月26日に無罪が確定した。

「愛犬のあだ討ち」酌量の余地ない…小泉被告、死刑判決受け傍聴席にらみ退廷(産経新聞)
理念なき改革…高校無償化、見切り発車 あおりを受けた校舎老朽化対策 (産経新聞)
蟹江3人殺傷 パーカ姿の不審男 事件前日に目撃(毎日新聞)
<サクラ>花見の週末 東京・六義園(毎日新聞)
<野中広務氏>土改連会長として民主に陳情 小沢氏と会えず(毎日新聞)

首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」(産経新聞)

【鳩山会見詳報(3)】(26日午後)

 −−普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先の政府案はひとつにまとめるのか。複数になるか。案は公表するか。また、全面的な県外移設なのか。どの程度の県外に移設すれば、沖縄の理解を得られると考えるか

 「まず、お答えをいたしたいと思います。普天間の基地の移設に関してのおたずねでございます。当然のことながら、最終的には政府案、ひとつにまとめなければ、交渉というものはうまくいかないと、そのように認識をしております。その交渉の前提の中で、さまざまな選択肢というもので、私たちは議論をしてまいりました。その中にはいくつかの選択肢があったことは事実でございますが、当然、私どもが政府案として米国や、あるいは日本、沖縄になるのか否かということはあろうかと思いますが、その地域でお願いを申し上げる、交渉をさせていただくというときに当然ながら、政府案としてひとつにまとまっていなければならないと、私はそのように考えておりまして、3月いっぱいをめどにしながら、政府案をまとめる努力を今、いたしているところでございます」

 「それから公表するかどうかということでございます。ご承知の通り、今でもすでにいろんな新聞報道などなされておりますが、必ずしも正確なものではありません。それを前提に私がご案内の通り、例えばこうなりますというようなことを申し上げたら、そのことに対するさまざまな、例えば米国からの交渉の難しさと、いろんな声が聞こえてくると思います。従いまして、ある一定のときには当然のことながら、公表をして国民の皆様方のご判断に委ねるというか、ご判断をしていただくということにもなろうと思いますが、ある一定の時間は当然、交渉ごとでありますだけに、機密性が守られなければ交渉も進められないというところも、あるいはあろうかと思っておりますから、そのところはご容赦いただきながら、しかし、当然、国民の皆様方にも、さまざまなご理解をいただかなければならないと思っております事案なだけに、ある一定のときには公表をいたします。あえて申し上げさせていただければ、今まで沖縄の皆様方にたいへん大きなご負担をしていただいてきた基地の問題でございます。これをぜひ全国の国民の皆様方にも、今までは沖縄に極めて過重な負担があったんだと、全国民の中でというか、全国のおれたちも、私たちも、そういったことも学んでいこうではないかというご理解の思いを示して頂ければ、たいへんありがたい、そのように思っております」

 「それから県外か、全面的に県外か、一定程度かといようなことでございます。恐縮ですが、そのことに関して今、答えを申し上げるわけにまいりませんが、特に沖縄の皆様方の過重な負担というものを考えたときには、極力、鳩山としては県外に移設をさせる道筋というものを考えたてまいりたいと思っているところでございます」

 −−内閣支持率が低減している原因として、政治とカネが理由に挙げられ、政治的けじめをつけるべきとの批判がある。政策面では郵政改革で閣内が混乱するなど、首相の指導力の問題が指摘されている。批判の払拭(ふっしょく)のためにも、首相がこの際、リーダシップを発揮し、小沢一郎・民主党幹事長を含め、内閣や党の人事を一新する考えはあるか

 「今、私も冒頭申し上げましたように、政治とお金の問題、あるいは私自身の指導性の欠如ということが、国民の皆様方に『何やってんだ』と、『せっかく期待していたのに』という気持ちになっていることは、私も理解をしております。ただ、ご案内の通り、これも現在、予算案が上がったという直後でございます。むしろこれからさらに今の閣僚の皆さんにがんばっていただいて、その実績を関連法案などにも、しっかりと示していただくことが大事なときでございます」

【関連記事】
首相「東アジア共同体構想を現実に仕立てる」
首相「未熟ゆえに問題点。辛抱強くご指導を」
子ども手当法案成立 1人月額1万3000円
【ネット きょうの論点】国会議員のモラル
【正論】希望的観測では首相は務まらぬ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<政調費>任期満了前の支出、必要性なければ違法 最高裁(毎日新聞)
「普天間、閉鎖せず」 返還後も有事に活用(産経新聞)
<窃盗未遂>衣類盗もうとした疑い…警視庁警部補を逮捕(毎日新聞)
総務相「今後はツイッターの取り扱い慎重に」(読売新聞)
元五輪メダリストらが橋下知事を表敬訪問(産経新聞)

死亡認定取消、海保に請求=北朝鮮で確認、失跡男性の兄−兵庫(時事通信)

 1963年、石川県から出港した後に行方不明となり、死亡認定後に北朝鮮での生活が確認された寺越外雄さん=失跡当時(24)=について、神戸市の兄文雄さんが、海上保安庁に死亡認定取消願を提出したことが24日、分かった。寺越さんはその後、北朝鮮で死亡したとされる。
 支援団体によると、寺越さんは63年5月、親族2人と漁船で出港後に行方不明となり、その後海上保安庁が死亡認定した。しかし、87年に寺越さんから手紙が届き、北朝鮮での生存が判明。現地で結婚し子供もできたが、94年に死亡したとされる。
 支援団体は「取り消されれば事実上の拉致被害者と認定され、子供が日本国籍を得て帰国しやすくなる」と話している。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島〜金総書記、「余命は3年」〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕若き日の金正日氏〜知られざる素顔〜
朝鮮学校、無償化見送りを=「思想教育を実践」

<千葉法相>性別変更夫婦の子、「法的措置を検討したい」 (毎日新聞)
<監禁致死>「止めて」懇願無視 運転の男起訴 名古屋地検(毎日新聞)
<爆発>深夜のトヨタ工場で作業中 1人軽傷 愛知・みよし(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>天洋食品元従業員を逮捕 待遇に不満か(毎日新聞)
民主・平田参院国対委員長、閣内対立に「あの顔ぶれだから」(産経新聞)

空自救難機、名古屋空港で緊急着陸(読売新聞)

 25日午後5時15分頃、愛知県豊山町の県営名古屋空港で、空自小牧基地の救難機が緊急着陸した。乗員4人にけがはなかった。

 名古屋空港は7分間閉鎖されたが、ダイヤに影響はなかった。

 緊急着陸したのは、入間基地(埼玉県狭山市)から、同空港に向かっていた救難機「U―125A」。主翼後部の補助揚力装置が使用できなくなったという。空自で原因を調べている。

<郵便不正事件>副検事が出廷、信用性を主張…大阪地裁(毎日新聞)
【新・関西笑談】「経済」を語ろう。(2)俳優 國村隼さん(産経新聞)
食品安全庁を設置へ=農業基本計画に明記−政府(時事通信)
関税法改正案が衆院通過(時事通信)
名神でトレーラー追突事故(産経新聞)

最高裁判事に岡部喜代子氏、歴代4人目の女性(読売新聞)

 政府は19日の閣議で、4月5日に定年退官する藤田宙靖(ときやす)・最高裁判事の後任に、慶応大の岡部喜代子教授(60)(民法)を任命することを決めた。

 発令は4月12日付。女性の最高裁判事は歴代4人目。現役の最高裁判事には2008年9月に任命された元労働省局長の桜井龍子氏(63)がおり、最高裁の現職裁判官15人のうち同時期に女性が2人務めるのは初めて。藤田氏と同じ学者出身者の中から人選が行われた。

 最高裁判事の任命は民主党が政権に就いて以来、5人目になるが、官邸サイドからは最高裁の判事に「女性が少ない」という意見が上がっていたといい、これが女性民法学者の起用につながったとみられる。

 最高裁に女性判事が初めて誕生したのは1994年の細川政権時で、当時の細川首相は「重要ポストに女性を起用する姿勢を連立政権として定着させたい」と述べて、元労働省局長の高橋久子氏を起用した。

野焼き3人死亡 逃げるよりも早く火が…強風下なぜ強行(毎日新聞)
元福岡市助役らに7億円賠償命令=特別背任で有罪−福岡地裁(時事通信)
<普天間>北沢防衛相 沖縄県知事に検討状況を直接説明(毎日新聞)
民主党 国会改革関連法案を了承 成立の見通しは立たず(毎日新聞)
手塚治虫少年が昆虫追った森に記念碑…宝塚(読売新聞)

<山手線>酔ってホームから転落…電車通過、けがなし 上野(毎日新聞)

 14日午後6時40分ごろ、東京都台東区のJR山手線上野駅で、男性(23)がホームから線路に転落した。直後に電車が通過したが、男性はホーム下の空間に横たわり接触を免れ、けがはなかった。

 警視庁上野署によると、ホーム下の空間は高さ1メートル、奥行き約50センチ。男性は中国籍の新宿区の大学生で、酒に酔っていたという。この影響で、山手線、京浜東北線、常磐快速線の計22本が最大33分遅れ、3万3000人に影響が出た。【馬場直子】

<IPサイマルラジオ>アクセス殺到で混乱(毎日新聞)
「政治家より偉い」橋下知事、自衛隊入隊予定者激励(産経新聞)
<掘り出しニュース>トマトフェスで巨大トマト鍋(毎日新聞)
大相撲大阪場所の「ふれ太鼓」が本社訪問(産経新聞)
普天間問題 首相「県外は困難、気持ちを大事に…」(産経新聞)

奈良のシカ、腹部に矢 文化財保護法違反容疑で捜査(産経新聞)

 13日午前10時10分ごろ、奈良公園(奈良市)内の春日大社表参道で、通行人の男性が腹部に矢が刺さったメスジカを発見。通報を受けて駆けつけた財団法人「奈良の鹿愛護会」の職員がシカを保護した。奈良署は悪質ないたずらとみて、文化財保護法違反容疑で調べている。

  [フォト]奈良公園で生まれたシカの赤ちゃん

 奈良署や同会によると、保護されたシカは10歳程度で体高約90センチ、体長約130センチ。矢は鉄製で長さ52センチ、直径7ミリで、シカの腹部を貫通していた。

 同会が公園内の保護施設でシカの治療を実施。シカは麻酔で眠っており、容体は安定しているものの、予断は許さない状態という。

 同公園では平成20年8月、ヤスが刺さったオスジカが発見されており、同会の池田佐知子事務局長(58)は「人を怖がらない愛らしいシカを攻撃する人がいるのは残念なこと」と話した。同会は再発防止のため巡回を強化する方針。

【関連記事】
アーチェリー高2死亡、同級生を書類送検 「ごめんね」繰り返す
アーチェリーの矢が刺さった高校生死亡
SSが抗議船を海に放棄 殺傷力ある矢発見
怒ると口癖「撃ったろか」 発砲3人殺害、容疑者はベテラン狩猟家
72歳の悲劇…「サルと間違え」同僚に撃たれ死亡
20年後、日本はありますか?

野口宇宙飛行士 実験棟のロボットアーム組み立て作業(毎日新聞)
和解勧告受け「一日も早い実現を」−全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
<児童虐待>親権はく奪、35年で31例 児相申し立てで(毎日新聞)
<名古屋市議会>各派、議員年金制度の廃止決議へ(毎日新聞)
チリ大地震、M8.8に修正=気象庁が再解析(時事通信)

<プルトニウム>電事連や原研 保有量公表(毎日新聞)

 電気事業連合会は15日、原子力発電を運転する電力10社のプルトニウム保有量とプルサーマル発電で使う利用計画を公表した。09年末のプルトニウム保有量は前年比0.4トン増の27.8トン。このうち国内には、九州電力など3社分が仏の再処理工場から燃料として返還され、1.5トン増の3.7トンが保管されている。

 また、日本原子力研究開発機構も同日、研究開発用プルトニウムの利用計画を公表した。保有量は09年度末で3.1トン。高速増殖炉もんじゅの運転再開で今年度0.2トン、11年度以降7年間で残る2.8トンを使う。

【関連ニュース】
伊方原発:3号機で微量の蒸気漏れ発見 放射能漏れはなし
プルサーマル計画:宮城県知事、女川町長らが導入同意
伊方原発:プルサーマル試運転 3号機の発電再開
プルサーマル発電:伊方原発3号機が起動 国内2例目
プルサーマル計画:福島県知事が受け入れ表明…条件付きで

「核持ち込み艦船の寄港ない」  政府説明は「嘘を含む不正直」(J-CASTニュース)
<雑記帳>長谷川等伯展で「オマージュ」ラスク(毎日新聞)
最後のラブレター「遺言信託」 相続の争い解消…自筆は問題も(産経新聞)
証券会社の監督強化=金商法改正案を閣議決定(時事通信)
北朝鮮側の身勝手な要求 鳩山政権はどう認識?(産経新聞)

【新・関西笑談】みんぱくのアンデス博士(4)国立民族学博物館教授 関雄二さん(産経新聞)

 ■人なつこっくて、恩を忘れず…ペルーの人々に完全に魅せられた。

 −−今や半分ペルー人ではないかというほどペルーにとけ込んでいらっしゃいますが、そもそもアンデス文明に興味を持たれたきっかけは

 関 もとは全然違うことに興味がありました。修士論文は「日本神話とモンゴルの英雄叙事詩の比較」でしたから。

 −−それが、なぜ?

 関 今から30年ほど前になりますが、東大在学中にアンデス調査団が出ることになって、恩師から「何の義務も与えないし、金も全部出すから行かないか」と誘われました。そのころはペルーへの往復代が65万円の時代で、学生の身分で行ける所じゃない。すぐに雪山でスキーをする自分の姿を想像して、行くしかないって。

 −−軽いノリで

 関 そのはずが、行ってみるととても肌にあった。人なつっこくて人の恩を忘れない、人間味あふれる人たちに完全に魅せられました。たまに泥棒にやられたりして悔しい思いもしますが、それも人間味の一つといいますか。

 −−子供時代は

 関 歴史が大好きでした。東京生まれの東京育ちですが、父が大阪に単身赴任していたので、中学生のときから1人で新幹線に乗って、父の家から奈良や京都に通って仏像や庭をみて回っていました。

 −−珍しい子供ですね

 関 変な子、っていわれてました。

 −−考古学者になりたかったのですか?

 関 何でもいいから学者になりたかったです。昆虫学者、天文学者、歴史学者。その時々でいろいろと違いましたけれど。

 −−虫も星もお好きだったんですか

 関 小学校の先生に「どんな虫を知ってますか?」と聞かれて「アオバアリガタハネカクシ」なんて答えるかわいげのない子供でした。上野にあったプラネタリウムによく通って、今でもパンフレットをとってあります。

 −−学者になる夢はかないましたね

 関 そうですね。やはりフィールドワークは楽しいです。現地にいるときと、民博にいるときとは全然顔が違うといわれます(笑)。

 −−民博でのお仕事について教えてください

 関 はい。民博は、国内の学者同士や、日本と世界の研究者とを結ぶ“ハブ”のような役割をしています。なのでシンポジウムやワークショップがしょっちゅうありますし、共同研究を立ち上げたり、他の研究者のプロジェクトを支援したり。常に複数のプロジェクトにかかわっているので、土日はほとんどつぶれます。

 −−お忙しいのですね

 関 年中追いまくられています。ペルーにいるのは毎年6月末〜9月末の3カ月ほどで、帰ってからも向こうの役所に出す辞書1冊分くらいの調査報告書をまとめたり、論文を書いたり、やることは山ほどあります。その合間をぬって国内外の学会で発表し、講演に呼ばれ、資金調達のために膨大な書類を書き…。日々こんな生活です。

 −−考古学なんて、インディ・ジョーンズみたいで優雅ね…といわれることもあるとか

 関 たまにいわれますねえ。でも実際はそんな華やかな世界じゃないわけで。ずっと悩み続けてきたのは、自分の趣味だけの世界に閉じこもるのではなくて、趣味のようなことをやりながら、いかに世界とつながりを持つかということなんです。

 −−そのあたりが、現地の人と一緒に遺跡を「活用」するという、先生のライフワークにつながるのですね。最後にぜひ、そのお話を聞かせてください(聞き手 杉村奈々子)

【関連記事】
次女挙式にフジモリ氏参列 収監先の警察施設で
南米の地震で日本への津波の影響 過去に5回 チリ大地震
「ナスカの地上絵」遊覧飛行機が墜落、7人死亡 ペルー
バス同士が正面衝突、38人死亡55人負傷 ペルー北部
男女140組がバレンタインデーに同時挙式 ペルー
20年後、日本はありますか?

日弁連会長に宇都宮氏=現執行部派制す−法曹人口削減訴え(時事通信)
「罪状」を「ジョウザイ」小林議員、事件に動揺(読売新聞)
<地下鉄サリン>遺族が関係者取材、映像に 20日で15年(毎日新聞)
伝えたいと思っても…親への感謝伝えぬ受験生(産経新聞)
川端文科相「学習院が対応すること」 愛子さま不登校問題 (産経新聞)

建築基準法見直しへ議論開始=今夏めどに報告−国交省検討会(時事通信)

 建築基準法の在り方を見直す国土交通省の検討会(座長・深尾精一首都大学東京教授)は8日、初会合を開き、本格的な議論をスタートした。工事前に義務付けられている建築確認の審査期間短縮など法に定められた手続きの簡素化や、故意に法令違反した業者への罰則強化を中心に議論することを確認。夏ごろをめどに報告をとりまとめ、これを踏まえ国交省は法改正を行う。 

<雑記帳>密室政治解消?市長面会室ガラス張りに 南相馬市(毎日新聞)
「憂慮すべき事態」=愛子さま欠席に学習院(時事通信)
民主の「驕りの象徴」 参院予算委3閣僚遅刻(産経新聞)
<地震>秋田市などで震度3=午前7時8分(毎日新聞)
【未来予想図 選択的夫婦別姓を問う】(上)お父さんだけ違う姓(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。