So-net無料ブログ作成
検索選択

奈良のシカ、腹部に矢 文化財保護法違反容疑で捜査(産経新聞)

 13日午前10時10分ごろ、奈良公園(奈良市)内の春日大社表参道で、通行人の男性が腹部に矢が刺さったメスジカを発見。通報を受けて駆けつけた財団法人「奈良の鹿愛護会」の職員がシカを保護した。奈良署は悪質ないたずらとみて、文化財保護法違反容疑で調べている。

  [フォト]奈良公園で生まれたシカの赤ちゃん

 奈良署や同会によると、保護されたシカは10歳程度で体高約90センチ、体長約130センチ。矢は鉄製で長さ52センチ、直径7ミリで、シカの腹部を貫通していた。

 同会が公園内の保護施設でシカの治療を実施。シカは麻酔で眠っており、容体は安定しているものの、予断は許さない状態という。

 同公園では平成20年8月、ヤスが刺さったオスジカが発見されており、同会の池田佐知子事務局長(58)は「人を怖がらない愛らしいシカを攻撃する人がいるのは残念なこと」と話した。同会は再発防止のため巡回を強化する方針。

【関連記事】
アーチェリー高2死亡、同級生を書類送検 「ごめんね」繰り返す
アーチェリーの矢が刺さった高校生死亡
SSが抗議船を海に放棄 殺傷力ある矢発見
怒ると口癖「撃ったろか」 発砲3人殺害、容疑者はベテラン狩猟家
72歳の悲劇…「サルと間違え」同僚に撃たれ死亡
20年後、日本はありますか?

野口宇宙飛行士 実験棟のロボットアーム組み立て作業(毎日新聞)
和解勧告受け「一日も早い実現を」−全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
<児童虐待>親権はく奪、35年で31例 児相申し立てで(毎日新聞)
<名古屋市議会>各派、議員年金制度の廃止決議へ(毎日新聞)
チリ大地震、M8.8に修正=気象庁が再解析(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。